人財育成のビジネス算命学
ビジネスに占術を活用してきた経験から、四柱推命・算命学を中心にどう活用すべきかを書き綴っていきたいと思います  また長年の採用・教育業務・管理職の経験から人生100年時代の新卒の就活、ミドルの転職、シニアの転職、キャリアプランやライフプランを企業側からの目線で情報発信していきます 
占術の知識

性格が運命を創る

運命論者が多い日本人

「こうなるのも俺の運命か・・・」

「親も兄貴も出世しなかったから俺もこんなもんか・・・」

運命を『決まっているもの』『変えることのできないもの』のように考える人がいます

変えられないのは宿命です

男の生まれた

日本人に生まれた

この両親の子として生まれた

などの宿命は「宿った命」で変えることが出来ません

未来が決まっているかのように語る人がいますが、未来は決まっていません

決まってないということは運命は変えられます

決まってもいない運命を決めつけているのは単なる妄想です

日本人はどうも運命論者が多い気がします

運命は性格が創る

算命学習得で通学していた学校では幸田露伴の言葉である

人は自分の性格と異なる運命には出会わない

を最初に語っていましたが、いい言葉だと思います

今ある運命は自分の性格によってつくられたということです

常に周りの人に親切にしていたからよく助けてもらえる

真面目で我慢強い性格だからよく勉強していい大学に進学できた

失敗も多いがよくチャレンジするので成功もつかめた

一事が万事』と言いますが「一つの性格により万事が作られていく」と言えそうです

良い運命を創るには『自分の性格を知り』『自分の性格を磨いていく』ことが重要となり、性格を知る一つの指標として占術は活用できます

「人は他人には変化を要求するくせに、自分が変化することは拒む」と言いますが、自分の性格を変えることはなかなかの苦行かもしれません

自分は運が強いと思うこと

松下幸之助さんは「自分は運が強い」と思い込んでいるそうです

船の上で人とぶつかって海に落ちた時「私は運がいい!落ちたのが冬の海だったら命が危うかった!」と語ったそうです

「自分は運が強い」と思い込むことは大切で『自信の90%は根拠のないもの』と言います

この思い込みは意外に成功者に共通するものです

「今日までの自分を考えてみると、やはり90%が運命やな、運やな」と述べています

松下幸之助さんは『90%は運命・10%が努力』という認識です

よく占術で自分を分析すると「これが俺の性格か・・・」と少し落ち込み気味になる人がいますが、占術で導き出された性格は『単なる原石』であってそれを磨いていくのが本当の活用法です

鉄鉱石だけみるとただの石ころですが、加工することによって鍋やフライ版などの便利な道具になったり、武器になったりします

原石は加工することで使用価値が生まれ、性格も磨くことによって良い運命を創り上げます

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました

  

  

  

  

ABOUT ME
ashikaga
採用・教育・研修業務と営業・企画の業務が半々のキャリアでした 支店長・企画課課長・営業部長・採用教育部部長の経験あり 大企業⇒中小企業⇒大企業でキャリアを積みました 算命学は高尾学館を卒業 部下の管理や育成に大いに活かしてきました サラリーマンと個人の事業と投資をしています