人財育成のビジネス算命学
ビジネスに占術を活用してきた経験から、四柱推命・算命学を中心にどう活用すべきかを書き綴っていきたいと思います  また長年の採用・教育業務・管理職の経験から人生100年時代の新卒の就活、ミドルの転職、シニアの転職、キャリアプランやライフプランを企業側からの目線で情報発信していきます 
天中殺

午未天中殺の活用法

午未天中殺の特徴

午未天中殺は南方のエネルギーが欠けるので目下との運が薄くなります

子供がいないとかではなく「何人いてもなんとなく疎遠になる」「普段そばにいない」「子供がそば屋を継いでもスパゲッティ屋になってしまった」などです

女の子の場合は縁はつながりやすいです

午未天中殺は『末代運』で家系の最後を締めくくる運ですので「自分は一族の最後のまとめ役なんだな」という自覚が必要です

自分の代で家業の流れがいったん終わり、新しい流れになっていきます

時代の流れや環境の変化に一族の宿命が上手く乗るためには一時的に家系の跡切れが必要で、竹でいえば節にあたります

節があるから竹は強く、高く伸びていきます

やるべきことを果たしたのちにあの世へ旅立つので長寿でもあります

少々のことでは倒れない精神力とスタミナの持ち主で「天からの授かりもの」と考え最大限この長所を生かすべきです

また南の「精神的なよりどころ」というエネルギーが欠けているので、逆の北の「知恵による反骨精神」にシフトしていきます

凝り性な人が多く、探求心・学習能力・情報収集で『その道の専門家』になる人が多くいます

【自分の命式を見る】⇒ 算命学総本校 高尾学館 | 星出し (sanmei-gaku.com)

強固な意志と忍耐力が強み

午未天冲殺は6つの天冲殺の中では一番穏やかな運気で、大きく下がらない代わりに、大きく上がりもしません

理論的な人が多く、1つのことに情熱を傾けそれを極めることに忍耐強くそのパワーを注ぐ能力には見事なものがあります

緻密な分析力と倫理的な思考力で、専門分野のスペシャリストとして活躍する人が多く、意に反することに立ち向かう反骨精神もあります

その為「見方も多いが敵も多い」という状況を作りだすものの、目上からの恩恵が厚く困難な壁を乗り越えていきます

「まとめあげる」「しめくくる」という宿命があり、その為の「準備する」「蓄積する」能力にも長けたものがあり、最終ランナーのような存在です

自分が実際経験してみないと済まない行動特性があり、それがスキルの蓄積につながっていきます

部下運がよければ子供運が悪く、子供運がよければ部下運がないのも特徴です

午未天中殺は夢を託す人や後継者作りに力を入れるより、自分の人生を華々しく生き抜く方が幸福になれます

午未天中殺の運気を上げるポイント

午未天冲殺の陽転法は

目上を大切にすること・・・上司・師匠・先生・親・先祖を大切にすることで、運が上がります

年齢的に上がいなくなれば、本から学ぶのも悪くありません

孤独になりすぎないこと・・・プライドが高く、自負心も強い性格で自分のカラに閉じこもるところがあります

なるべく視野を広く保ち、多くの人と接触を心がけること

目下に過剰に夢を託さないこと・・・自分はまとめ役という自覚をもち、次の代からは新しい流れになるえっと考え、自分の勤めや使命をまっとうすること

年の天冲殺は 午年、未年  月の天冲殺は 6月、7月 です。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました

ABOUT ME
ashikaga
採用・教育・研修のキャリアを生かして仕事を考えていきたいと思います